Adobe Premiere Pro ビデオドライバーがサポート対象外を解消する方法の解説

YouTubeで自作の動画を公開するにあたり、動画編集には「やっぱり、Adobe Premiere Proを使いたい!」と思い、

 

はりきって Premiere Proをダウンロードしたので、使おうとしたらこんな表示が出ました。

「ビデオドライバーはサポート対象外です」

 

 

がーーん(@_@)

 

私が使ってるパソコンはスペックが低いので、ビデオドライバーがサポートされていませんでした。

 

ちなみにPremiere Proを使う場合の必要システム構成はこちら

 

出鼻をくじかれた気分(;´∀`)

 

そこで、同じように困っている方にむけて、解消法を解説!!

やってみれば簡単です。

 

 

修正中とあるボタンをクリックすると↓のような画面へ

「here」とある場所をクリックすると↑のようなダイアログが表示されるので、ダウンロードします。

 

ダウンロードしたフォルダーの中のigxpinというアプリケーションをクリックすると、

グラフィックス・ドライバーのセットアッププログラムのインストールが始まります。

指示通り進んで行きます。

 

 

 

インストール中画面↓

 

 

 

 

パソコンを再起動して、Premiere Proを立ち上げると、最初の

「サポート対象外です」というようなメッセージはもう出てきません。

その後、動画の編集をして無事完成させることができました。

 

 

完成された動画↓

UVレジンの空と牛乳石鹸で作る雲

 

 

いかがでしたか?

誰かのお役に立てられたら幸いです。

 

 

とりあえず使えるようにはなったものの、動きは重いのでやっぱりもっとスペックのいいパソコンに早く買い換えたいです(;´∀`)

 

 

 







ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました