Premiere Pro オーディオゲインを実際比較してみた

自分の声入りの動画を作成するようになって、声が小さい動画になっていてがっかりしました(-_-;)

それを調整するためにボリュームやオーディオゲインというものを設定(調整?)するとよいようですが、

説明読んでもよくわからない(^-^;

ボリュームはともかくオーディオゲインてなに?という動画編集初心者の私なので、実際に聞き比べないと分からないと思い、比較できる動画を作ってみました。

・未調整動画(ピークの振幅 -22.5dB)
・ゲインを指定した動画
・ゲインを調整した動画
・ピークをノーマライズした動画
・すべてのピークをノーマライズした動画

それぞれを10dBと指定してみました。
それぞれレンダリングしてあります。

撮影機材 スマホ
撮影アプリ Open Camera
外部マイク使用 RODE NT-USB MINI

!!動画によっては音がだいぶ大きいのでご注意ください!!

私みたいな動画編集初心者さんの参考になったら嬉しいです。

未調整動画

まず未調整の動画↓こちらがそれぞれに調整する元動画になります。

ゲインを指定した動画

できあがった動画

ゲインの調整をした動画

出来上がった動画

最大ピークをノーマライズ

すべてのピークをノーマライズ

いかがだったでしょうか?

細かい仕組みとかはAdobeのヘルプなどにお任せしますが、とりあえずこういう感じに変化するんだなーーって思いました。

おまけ

すべての動画をつないで1本にしたものをYouTubeで公開しています。