猫の手アクリルたわしの編み図

ハンドメイド

普段からアクリルたわしを愛用しています。

あまり洗剤を使わずに洗い物ができるから。

あまりにも脂っこい食器は無理ですが、洗剤や水の使用量が減らせるのはエコかなーと思い使っています。

どうせ使うなら可愛い方がいいと思い、数年前、猫の手の形のアクリルたわしの編み方を開発!

ようやくイラレで編み図を作りました。

赤い矢印が気になると思いますが、最後まで読んでいただければなと思います。

解説

まずは輪で8目作り、

2段目16目

3段目24目

と編んでいきます。


4段目は三角お結びのような形になるように、編み図を参考に編んでみてください。


5段目は、4目に1目増やすように細編みをします。

そして肉球部分を4つ編みます。編み図を参照してください。

そして同じものを2枚編みます。

猫の肉球は3つなのか4つなのか迷うところでしたが、バランス的に4つがちょうどよかったのでこうなりました(;´Д`)


2枚を重ねて、2枚のふちを一緒に細編みで合体させます。

白い糸で編んである部分になります。

その際、編み図の赤い矢印の部分(肉球の最後の段)は、1目に2目編みこんで作成します。


いろんな色で編むとまた楽しいですよ~( *´艸`)

コメント